多忙な社会人に最適な学習法

このサイトは、社会保険労務士(以下、社労士)試験の受験を決意し、今まさに試験に向けた学習を開始しようとお考えのみなさんに向けたものです。

つまり、読者の皆さんは社労士の社会的意義や仕事内容、報酬や就職・転職へのメリットなど、社労士資格自体の概要は理解されていると想定しているため、そうした情報は記載しておりません。

ここで紹介する情報は、試験に合格するための学習に関する情報に特価しています。そして、想定する読者を、受験者の中でももっとも多い20~30代の社会人(民間企業に勤めるサラリーマン・OL)の初学者(以下、社労士予備軍)とし、そうした視点から受験及び学習に必要な情報を提供していきます

社労士試験の学習は通信講座が合理的

みなさんが社労士試験の受験を決意し、まず、検討するのが受験のための学習法でしょう。資格試験の学習法としては、独学をはじめ資格予備校への通学や通信講座の受講に大別されると思います。結論から申しあげます。社労士予備軍の学習法には通信講座が最適です。

理由は簡単です。独学は低額な予算と何ら縛りの無い学習環境により挫折の危険度が高く、難度の高い社労士試験の合格レベルに到達できないということ。また、予備校への通学は、若い社会人には現実的ではない15~20万円という高額な受講料、そして、多忙な若手サラリーマンが全40回以上にも及ぶ講座への出席が困難という、費用と時間拘束双方からの理由です。

では、通信講座がなぜ最適なのか。それは予備校の半額から1/3程度の受講料をはじめ、学校への通学の必要が無いこと。また、独学同様の学習形態に適した効率的で理解しやすいテキストや、CDやDVDといった講義メディアにより、自宅に居ながらにして専任講師の講義を受講できるということ。また、挫折を防止するため講座により様々なサポート体制が確立されているからです。

もちろん、予算と時間に余裕のある方は予備校への通学をお勧めします。しかし、現在の通信講座には通学と同様、もしくはそれ以上のカリキュラムを提供している講座が存在します。となれば、出費も抑えられ仕事に影響せず学習を行える通信講座の選択がもっとも合理的と考えますがいかがでしょうか。

お勧めの通信講座はコチラです>>>

- 1 -